あなたの胃袋への責任。

あなたの胃袋への責任。

2016年5月6日(金)

今日も5時台起床。
なかなかに眠いけど、早起きすると、朝のうちに家事画いろいろできるので良い。

お酒を飲まなくなってから、食生活が美しくなってきている。
また、以前にもまして料理を作るのが楽しい。

だいたい

玄米
納豆
みそ汁

漬け物
おひたし(野菜で1品)

という感じ。
我ながら健康的じゃないかw

今日作った中でヒットしたのは、カリフラワーの和風ピクルス。
ただカリフラワーをゆでて、すし酢&塩昆布に1晩漬けただけなんだけど美味でした。
すし酢はだしが効いているので結構いろいろ使えちゃう。

この前帰省した時の1日目の晩は母の手料理だった。
うちは母も祖母も料理がまぢうまい。

その血をみごとに薄めてしまった私であるw

春野菜たっぷりのごはん。
わらび
うど
たけのこ
春にんじん
あさり

春爛漫!

父の仕事柄、我が家は外食も多かったと思う。
逸れにもとっても感謝している。
が、やはり一番は母と祖母の手料理だ。

ちょっと前は仕事後、あーコレから帰ってご飯作るとかないわー。
総菜買って帰るか、食べに行きたいと思っちゃってたけど、最近は
いくら疲れていようが、料理をするのがとても楽しみになった。

teshがおいしい顔して食べてくれるから続くのだろうけど。
もっとも身近で、もっともクリエイティヴな行為な気がする。
小さい頃から何かを作ることが大好きだから、毎日こうやって料理を作ることができるのは
たまらなく幸せなのです。

料理は命に直結しているから、責任もある。
ただ胃袋をふくらませりゃーいいってもんじゃない。

笑顔と健康を守り、幸せを生み出すために。
私の手料理を楽しみにしてもらえるように。
もっと頑張りたいものだ。

あなたの健康と幸福の責任の一端を私は担っている。

目指すは、母親。

いつの間にか親の背中を追いかけている自分に気づく。